3Dアートもできちゃう?スカルプチュアの魅力

 

3Dアートもできちゃう?スカルプチュアの魅力

 

最近のネイルで定番となっているジェルに対して、ネイルアートの歴史ともいえるのがスカルプチュアです。

 

短い自爪も長くすることができ、立体的な3Dアートも楽しめることはスカルプチュアの大きな特徴です。

 

ジェルネイルやマニキュアは自爪の上にカラーやストーンなどで装飾するのに対し、スカルプチュアは自爪の形を変えたり長さを出すことはもちろん、立体的な装飾で飾ることもできるのです。

 

スカルプチュアはアクリルパウダーを用いて施術しますが、アクリルリキッドと混ぜ合わせることで粘土状になりますが、これはミクスチュアと呼ばれます。

 

爪と指の隙間にフォームと呼ばれる紙を挟み台座にし、爪のカーブにあわせてフォームを固定します。
フォームと爪のつなぎ目の部分にミクスチュアのせて爪の形や厚みに合わせて形成していきます。
ある程度爪の形に近づいたら、フォームをはずしてやすりで整えます。

 

爪を人工で作るというような考え方ですが、自爪の長さが不ぞろいなときや、長く伸ばすことができない割れやすい爪もお好みの長さに揃えることができるのが最大のメリットです。

 

パウダーとリキッドを混ぜ合わせた素材は、爪を形成するだけでなく、筆を用いてさまざまなパーツを作ることができます。
小さな花やハートなどもそれほど難しくなく作ることができ、硬度はジェルネイルよりも高いため長持ちさせやすいことも特徴のひとつです。

 

最近のネイルサロンではジェルネイル専門の店舗が多く、スカルプチュアの施術をできるスタッフが在籍していない場合も少なくないようですから、スカルプチュアを施したいという場合は予め取扱いがあるかどうかを店舗に確認しておきましょう。

 

スカルプチュアはジェルネイルよりも技術レベルが高いと言えますが、練習を重ねるとセルフでも行うことができます。
道具を揃える手間や費用の負担は生じますが、定期的にサロンに通う費用と比較するとやはりセルフで行うことで大幅な節約となります。