マニキュアをキレイに塗るポイントは?

 

マニキュアをキレイに塗るポイントは?

 

マニキュアとは爪を彩る化粧品の一種ですが、自分でキレイに塗るためにはさまざまなポイントがあります。

 

最初に行なうことは爪をキレイにすることから始めます。油分や汚れが残って知るとでこぼこができてしまうため、コットンや綿棒にリムーバーをつけて爪の表面を拭き、甘皮を処理していきます。爪の根本にある薄い皮の部分で、爪と皮膚の間から細菌が防ぐ役割をしていますが、マニキュアには邪魔なので処理をしていきます。ハンドクリームをつけてマッサージをしたらお湯を用意し5分ほど爪をふやかし柔らかくし、コットンを巻き付けたスティックで甘皮回りを優しく押し上げていきます。親指にガーゼを巻き付けて、爪の中や甘皮と爪の表面の溝を掃除したら、ベースコートを塗って自爪を守ります。

 

用意したマニキュアは、ボトルの口で刷毛についたものを落として刷毛についているかついていないかほどの少量で、爪の先端のふち部分を塗っていきます。ここから、多少はみ出しても良いためスムーズに塗るため多めのマニキュアで塗っていきます。

 

マニキュアにはマットタイプとラメ入りのパールタイプがありますが、マットタイプは真ん中から端の順番で塗っていきます。重なった部分は刷毛で軽くならします。パールタイプは端から端の順に少しずつ重ねて塗ります。はみ出してしまった部分はウッドスティックや爪楊枝の先端でなぞって消していきます。
キレイなマニキュアとは根本のラインがすべらかであることがぽいんとです。キレイに塗ろうとして指についてしまうことも多いため、塗り始めに指につかないようにすることが必要です。

 

塗るときには、利き手から先に塗ることで利き手ではない塗ったばかりのマニキュアを傷つける可能性も低くなります。
塗り終わったらトップコートを塗ることで、爪の輝きを強めて剥げたりかけたりすることを防ぐことができます。
色の濃さによってもキレイに塗る方法は異なるため、色に合わせて塗っていくことが大切です。