マニキュアとジェルネイルを比較してみると?

 

マニキュアとジェルネイルを比較してみると?

 

最近では爪のお手入れやネイルアートを楽しむ女性が年代問わず増えています。

 

ネイルサロンで主に施術されているのはジェルネイルです。ご家庭などでセルフネイルを楽しむことも可能ですが、必要な道具を揃える手間や費用の面からみると、マニキュアの方が手が届きやすい存在のようです。

 

ジェルネイルとマニキュアはどのように違うものなのでしょう。

 

マニキュアはネイルエナメルを爪に塗り、自然乾燥させて仕上げるものです。ご近所のドラッグストアなどでも取り扱する商品が多く、価格も比較的安く手に入れやすいです。

 

一方ジェルネイルは一見マニキュアと同じような素材ですが、爪の上にのせたあと紫外線ライトを照射することによって素早く固めることができ、仕上がりの美しさを長く楽しめるという特徴があります。

 

触った感じも硬度があり、自分の爪を丈夫に保護してくれるため、欠けたり折れたりしやすくなかなか長く伸ばすことができない人にも向いています。

 

マニキュアもジェルネイルも事前のケアは同様で、爪の形や表面の凸凹をキレイに整えた上で施術を進めます。

 

マニキュアは除光液でオフしますが、この手間と比較するとジェルネイルのオフを自分で行うことの方が少し手間がかかるようです。

 

費用と時間に余裕がある方にはサロンでの施術がおすすめですが、ジェルネイルを続けることによって爪との間に雑菌が繁殖しやすいなどのトラブルに繋がるリスクについても理解した上で、適正なサイクルで通うことをおすすめします。

 

通う手間や費用の負担が少ないマニキュアも正しい使用が大切です。除光液の使用は爪の水分を奪い、少なからず負担がかかっているものです。ベース、トップコートも必ず使用し、できるだけ長持ちさせられるように初日以外にもトップコートを重ねたり、ハンドクリームを使用してトラブルを防ぎましょう。

 

またセルフネイルによって技術が身についている方には自宅でのジェルネイルに挑戦してみることもおすすめです。