ジェルネイルをキレイに長持ちさせるコツは?

 

ジェルネイルをキレイに長持ちさせるコツは?

 

ジェルネイルは、爪に塗ったジェルをライトでしっかりと硬化させていく為、通常のネイルよりも長持ちしやすい事が特徴です。
ただ、更に綺麗に長持ちさせたいと考える場合、ジェルを塗る前の手入れ、そしてジェルの塗り方が重要になってきます。
ジェルネイルは硬化させればそれだけで剥がれにくくなると考え、塗る前の手入れを怠るという人は少なくありません。
ですが、塗る前には甘皮処理をしっかりとしておく必要があります。

 

甘皮がある状態でジェルを塗ると、甘皮の上にジェルがつく状態になり、爪とジェルがしっかりと密着しない状態になります。
そして爪が伸びてきた時、甘皮部分に乗っていたジェルが浮いた状態になりやすく、それにより剥がれやすい状態になってしまいます。
ですから、甘皮をしっかりと処理しておく、そして甘皮部分にジェルが乗らないように綺麗に塗っておく事が大切です。
そして、塗る前には爪の表面を軽く削り、ジェルがより密着しやすい状態を作っておく事が大切です。
ただ、削り過ぎは爪を傷めてしまう事になるので注意が必要です。
もしくは、削らなくても使えるジェルを選ぶという事も有効です。
そして、ベースとトップを塗るという事も重要になってきます。

 

ジェルだけでも長持ちすると考える人は少なくありませんが、ベースとトップをしっかりと塗る事で、より良い状態を長く維持する事が出来るようになります。
そしてジェルを塗る時は、はみ出した部分はしっかりと取り除く、そして爪の先端部分はエッジ部分にも塗っておく事が大切です。
サイドや根本は必要以上にジェルがついていると剥がれる原因となりますが、爪の先は塗り方が少なければ、それもまた剥がれやすい原因となってしまいます。
ですから、ジェルを塗る時点で、剥がれない状態をしっかりと意識しておく事が重要になってきます。
ジェルネイルを長持ちさせたいと考えるのであれば、塗る前の準備、そして剥がれにくい状態を作る塗り方を意識する事が大切です。