UVライトとLEDライトの比較

 

ジェルネイルに使うUVライトとLEDライトの比較

 

ジェルネイルでは専用のジェルをライトで硬化させる必要があります。
そのライトに使用されるのがUVライトとLEDライトです。
現在使用されているジェルはどちらかの光によって硬化する物となっているので、ジェルネイルを行う時には必ずどちらかを用意しなければいけません。
では、両者のライトには何か違いがあるのでしょうか、それとも実は同じ性質で違い等は全く気にしなくても良いのでしょうか。

 

まず、UVライトとLEDライトの違いとしては、機械そのものの金額とジェルが固まるまでの時間が違ってきます。
UVライトの場合は以前から利用されていたもので、その機械もLEDタイプに比べると比較的リーズナブルになっています。
しかしUVの方がLEDよりも硬化するまでの時間が遅いので、忙しい時に時間の合間を見つけて施術をしたいと言う場合にはあまり適していません。
なかなか固まらないと言うイライラをナシにしたいと思うのであれば、LEDの方を利用する方が良いでしょう。

 

また、消費電力にも違いがあります。
一般的な照明などを考えると良く分かりますが、LEDの方がUVに比べると消費電力が少なく済みます。
また使い続けるとUVライトの方が照明のパワーが弱くなってしまいがちなので、なかなか固まらない、以前よりも硬化時間が長くなったと感じた時には電球の交換をする必要があります。
その反面、LEDライトの方は機械そのものは少々高額ですが、電球を交換する必要はなくいつまでも使う事が出来ます。

 

この様に、ジェルネイルに使うUVライトとLEDライトには違いが存在しています。
とはいっても、価格に関して言うとLEDライトの方を使っている機械も次第にその金額が低下しているので、今後はもう少し今よりもリーズナブルに入手する事が可能となるでしょう。
従って、実際にジェルネイルを行う時は初期費用だけでなく維持費などもしっかりと考慮してからどちらのライトにするか決めて購入する必要があります。