爪を早く丈夫に伸ばすための方法とは?

 

爪を早く丈夫に伸ばすための方法とは?

 

爪はマッサージをすると健康な状態で早く伸びます。マッサージは血行を良くして新陳代謝を促進するので、体のあらゆる場所の成長を早めます。根元を軽く押すだけですが、お風呂でゆったりしている時にマッサージすると、全身の血の巡りが良くなります。冬と夏では夏の方が体温が高いので、爪が伸びるスピードも早いです。指先に刺激を与えると良いので、手を使った作業の趣味を持つようにします。

 

仕事中もデスクワークの人は、パソコンのキーボードを強めに打てば衝撃を受けられます。若い人は、これらの方法であっという間に伸びますが、成長が下り坂となっている中高年からは、食事によるサポートも必要です。爪を構成しているのは、ケラチンというタンパク質なので、タンパク質を摂取することで、丈夫に生えます。タンパク質の1日当たりの摂取量は、成人男性が50g、成人女性は40gです。肉や魚、大豆、乳製品などタンパク質を含む食材は多いので、3食それぞれに取り入れます。

 

ダイエット中で動物性タンパク質を摂る時にカロリーが心配な人は、脂肪燃焼も促進するプロテインを利用します。またタンパク質の代謝を良くしたり、細胞が成長したりするのは、ビタミンB2があるためです。豚レバーやうなぎ、納豆などに含まれています。口内炎や肌荒れを改善する効果もあります。ビタミンB6はケラチンが生成されるのに関わっています。

 

タンパク質だけを摂取しても、ビタミンB6が不足すれば丈夫な爪が作られません。ビタミンB6はにんにくやかつお、マグロなどから摂取できます。さらに、日本人は亜鉛が不足しがちです。亜鉛は滋養強壮といった効果が注目されていますが、皮膚や爪の新陳代謝を促進する作用もあります。亜鉛は1日で成人男性は9mg、成人女性は7mg摂取しなければなりません。牡蠣や牛肉、卵に豊富で、食べ物から摂取すれば亜鉛の過剰摂取の心配はほとんどありません。ビタミンCを摂取すると吸収率が上がります。