よくある爪のトラブルとその解決方法

 

よくある爪のトラブルとその解決方法

 

爪トラブルは、セルフケアや自分で気をつけたりすることで、防ぐことが可能なものがあります。代表的なトラブルである二枚爪とは、先のほうが薄くなり割れたり剥がれたりするようになる症状です。もろくなっている状態のため、繰り返しやすいです。原因は、油分や水分量が乾燥によって減っていたり、マニキュアをする際にリムーバーの使いすぎや使い方の間違い、切り方が乱暴であるなどがあります。解決方法としては、乾燥対策を行うことです。

 

具体的には、炊事を行う際には、手袋をつけたり、爪の部分までクリームを付けるなど乾燥対策を行います。また、リムーバーの使用頻度を減らすことです。リムーバーを使う際には、こすらないようにし、リムーバーを使用後に乾燥するようであれば油分補給までしっかりと行うことです。症状が出ている時には、ネイルケア用のクリームやネイルエッセンスなどを使ってマッサージを行います。

 

爪トラブルには、表面に凹みや横線が生じることがあります。原因は、甘皮を深く切り込んでいたり、洗剤や薬品にいつも触れていることで根本が弱くなったりすることが原因です。体調やストレスなどにより一時的に爪の根元が弱くなり成長にムラができてしまった時に生じます。対処法としては、甘皮にはマニキュアはつけず、甘皮は刺激を与えないように深くしすぎないようにします。手荒れにより悪化するため、手荒れを防ぐためにクリームを塗ったり、爪の根元をマッサージします。体調やストレスが原因の場合は、体調やストレスなどを整えることで正常に戻りやすくなります。

 

特にネイルを立て続けに行っていると様々な症状が出やすくなるため、ネイルを外したら2日から3日までは爪を休めることです。弱った状態では、ネイルを楽しむことができないため、健康的な爪になるように専用の保湿剤や強化剤などを使ってケアを行います。厚みが戻ってきてから軽く磨くことで、綺麗にすることができます。