爪の整え方のいろいろ|形・長さの種類について爪の整え方のいろいろ|形・長さの種類について

 

爪の整え方のいろいろ|形・長さの種類について

 

爪の形や長さには色々な整え方があります。いくつか形がありますが、基本となるのはスクエアオフ、ラウンド、オーバルです。

 

 

スクエアオフは、先端が四角くして角の部分を滑らかに削った形です。衝撃に強く、他の形に比べて欠けにくく、爪が柔らかい場合や長く保ちたい場合には良い形です。

 

ラウンドは、先端が緩やかにカーブしている形で、指先を細く長く見せる効果が期待できるため、爪が小さい場合や縦幅が短い場合に良い形で、強度はスクエアオフの次に丈夫です。

 

オーバルは、卵のような丸い印象の形で、女性らしい優しい印象です。爪が大きい場合に良く、ラウンドよりも先端が少し尖り気味なので、強度は低く割れやすい場合には向かない形です。

 

これらの他にはポイントがあります。ポイントは、オーバルよりも強度が弱いですが、先端が細いため指先が細く長く見え、ある程度長さがないと難しい形です。
爪の長さは、個人の好みがありますが、丁度良い長さというのもあります。先端の白い部分で指から離れている部分はフリーエッジで、フリーエッジの長さを爪のピンク色の部分の3分の1?4分の1の長さが丁度良い長さです。指のバランスや希望する形状にもよりますが、フリーエッジを長くすると負担がかかり横から爪が割れる可能性が高くなります。そのため、丁度良い長さに保つことが良い選択です。

 

爪を整えるにはツメ切りではなくやすりを使うことが良いです。ツメ切りを使用すると簡単ですが、2枚ツメになる原因となり、先端の表面が剥がれてくる可能性があります。やすりには、長さと形を整えるタイプを使用します。

 

やすりを使って整えると長さを短くでき、形も滑らかに整えることができます。やすりの使い方は、力を抜いて軽く一方方向にかけます。最初は、ツメの先端の長さを短くします。ツメが長過ぎる場合は、ツメ切りである程度短くしてからやすりを使用します。先端を短くした後は、丸みなどをつけて自分の希望する形に整えます。この場合も一方方向にかけます。