爪の状態を見れば健康なのかどうかが分かる?

 

爪の状態を見れば健康なのかどうかが分かる?

 

爪と言うのはただ指先にある固い部分と言うのではなく、実際には体の調子等をそこから知ることもできます。
人によっては健康のバロメーターだと言う事もあります。
では、爪のどんな状態から健康なのかどうかが分かるのでしょうか。

 

例えば、健康な状態の爪の場合はピンク色であり、さらに艶もあります。
勿論マニキュアなどをして出している艶ではなく、何も塗っていない状態でもきれいな色をしているので簡単に分かります。
また以前は調子が悪かったと言う人も、体調はかなり良い所まで回復してきていると判断して良いでしょう。

 

ただ実際には線が入っていたり、色が変わっている事もあります。
その場合はもしかしたら体調不良が原因となっている事もあるので、充分気を付けます。
とはいっても、ただ縦線が入っているだけであれば何も気にする必要はありません。
一見何か問題があるのではないかと思ってしまうかもしれませんが、実はこれは老化現象の一種なので誰にでも起こりうる現象だからです。

 

しかし横縞などが出来ている場合は気を付けましょう。
また深い溝が出来ている時や、爪自体が横に波を売っている時等は貧血になっていたり、亜鉛欠乏症になっている場合もあります。
またもしかしたら糖尿病になっている可能性もあるので十分気を付けましょう。

 

健康な状態の場合は前述した様にピンクの状態になっていますが、白く濁ってくるとネフローゼを疑わざるをえません。
また気褐色になると手足のむくみ、黒褐色の場合は肝臓病などの場合もあります。
また爪の全体や広範囲に色が変わっているのではなくほくろが出来ていると言う場合もあります。
一般的にはそれほど心配しなくても良い場合も沢山ありますが、色が次第に濃くなって行く場合はガン化している事もあるので十分気を付けましょう。

 

また栄養が偏っている、ダイエットで無理な食生活をしていると言う時には二枚爪になってしまう場合もあります。
これ以外にも色々な症状を表す事が有るので、日頃から爪の様子を見てチェックしておきましょう。